42歳 38歳の時に出産した子供の抱っこが・・・

私は42歳です。

 

38歳の時に第2子を出産しましたが、もう既に4歳になるというのに抱っこばかりせがむので、抱っこをすることが多い週末と月曜日はとても膝の痛みが強いです。

 

膝関節は歩く時、座る時、立っているときなど全ての基本となるところであるため、とても重要な関節だと思います。

 

また最近では高齢化が進み、70代80代になっても元気な年寄りが多いといっても、膝関節はだんだんすり減ってきているため、膝が悪いという高齢者が多いのです。

 

膝関節が悪くなると痛みが出るだけではなく、関節が摩耗して膝が腫れあがったりすることもあります。

 

また膝関節が変形して、変形性膝関節症につながることも。

 

変性膝関節症になってしまうと、ひどい場合は、人工関節などの手術をしなくてはいけないこともあるほど。

 

そのため、膝は若い時から少しずつケアをしておくことが大切だと思っています。

 

どうしても日々の生活の中で使用する膝関節ですから、膝の周辺の筋肉を鍛える、大腿四頭筋やふくらはぎの筋肉を鍛え、膝を守ってあげることも大切だと思います。

 

また膝の負担をかけないようにするためには、体重を落とすことも大切ではないかと思います。

 

膝関節を健康的に維持するのが難しい

膝関節を健康的な状態で維持するというのは、自分ではとても難しいことです。

 

そのために摂取するといいのがロコモアだと思います。

 

ロコモアには軟骨成分と筋肉成分があります。

 

筋肉成分というとタンパク質を効率よくとる?くらいしか思い浮かびませんが、軟骨成分を自分で摂取するというのはほぼ不可能です。

 

何が軟骨に良い成分になるのか分からないからです。

 

そんな悩みを解消してくれるのが軟骨成分を含んだロコモアでもあります。

 

コラーゲンやコンドロイチンを含んでいるので、効率よく体内に取り込んで膝関節に影響を及ぼすのですね。

 

私の両親は70代で二人とも農業に携わっていたので、体の節々が痛むことが多く、膝関節にも悩みを抱えています。

 

そんな時でもロコモアは継続して飲み続けると効果があるのですね。

 

大切なのは継続性。

 

でもサプリメントなので、毎日飲むということがそれほど難しくないのですね。

 

年寄りでも簡単に飲めます。

 

それが手軽でいいところだと思っています。